自己処理の注意点

ムダ毛の自己処理の注意点

ムダ毛の自己処理の注意点

自己処理(じこしょり)とは、ムダ毛についての用語としては、ラヴォーグなどの脱毛サロンの施術を受けるのではなく、自分自身でムダ毛を取り除くことを意味します。


ムダ毛の自己処理はとても面倒で、毎日の自己処理が原因で、脱毛サロンに通うことを決意することも多いはずです。


それでも、脱毛サロンに通っていても、脱毛施術が完了するまでの間は自己処理を行う必要があるのです。


ムダ毛を除去することは、どんなかたちでも肌に負担がかかるものですから、できるだけ肌にかかる負担が少ない方法で行う必要があります。


ムダ毛を抜くのはできるだけ避けましょう

ムダ毛を抜くのはできるだけ避ける

ムダ毛の自己処理を考えるとき、第一に覚えておくべきことは「ムダ毛を抜くのはできるだけ避けた方が良い」ということです。


理由は、ムダ毛を抜くと肌にかかる負担がとても大きいからです。


ムダ毛を抜くと、毛根部に柔らかい組織が付着しているのが分かりますが、ムダ毛を引き抜くと毛根部の組織ごと引きちぎるような状態になってしまうのです。


毛抜きは、この1本のムダ毛を抜きたいというように、ピンポイントで自己処理する時はとても便利ですが、例えば、ワキ全部を毛抜きで自己処理するなどは避けた方が良いです。


ムダ毛を抜く系統に入る自己処理方法としては、毛抜きだけでなく、脱毛ワックスとか脱毛テープが含まれます。とくに脱毛ワックスは、一部で流行しているようですが、大規模に毛抜きを行うことに他なりませんので、できるだけ避けた方が良いでしょう。


正しく使えばカミソリで剃るのがベスト

正しく使えばカミソリで剃るのがベスト

総合的に考えると、ムダ毛の自己処理方法としては、正しく使えばカミソリで剃るのがベストです。


カミソリでムダ毛を剃れば、毛根部は残り、ムダ毛を途中からカットするということになります。肌にかかる負担がより少なくて済むのです。


また、カミソリは面で処理できますので、処理効率も高く面積が広い部位でも使うことができます。


もちろん、カミソリで剃っても肌に一定の負担はかかります。カミソリで剃ると、肌の表面もごく薄く削り取るような状態になってしまいますので、前後のケアは重要です。


カミソリと同じように、ムダ毛を途中からカットする系統に入る自己処理方法には、電気シェーバー、脱毛クリーム(除毛クリーム)があります。脱毛クリーム(除毛クリーム)は、薬剤の力でムダ毛を溶かすものですが、比較的に強い薬剤が使われることがありますので、自分の肌に合うかどうかは気を付けましょう。


自己処理前後のケア

蒸しタオル

自己処理前後のケアには、ある程度決まった流れがあります。


@自己処理前は温めてムダ毛を柔らかくして毛穴を開かせる。
A自己処理後は冷やして肌を引き締める。
B最後に保湿ケアを行う。


こうしたケアを行う際には、蒸しタオルを使うととても便利です。


蒸しタオルは、自宅で簡単に作ることができます。水に濡らしたタオルを電子レンジで30秒ほど温めればでき上がりです。温める時間を調節して、自分の好みの温度にしましょう。


蒸しタオルは、温かいうちは自己処理前のケアに使うことができ、冷えてきたら自己処理後のケアに使うことができます。最後は拭き取りにも使えて本当に便利ですよ。


蒸しタオルを活用して、正しく自己処理を行うようにしてくださいね。


全身脱毛サロン『ラヴォーグ 博多駅前店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!