電動ポケバイ組んでみました~。案外オモシロイかもしれません!(28日)

11時まで原稿書き。近所のホームセンター開いたのでスクーターの調子チェックを兼ね、M8のボルトを買いに行く。錆びるのイヤだからステンボルトです。戻って組もうとしたらボルト長くてつっかえた。しくしく~。再びホームセンター行き、短いM8を買う。今度はバッチリだ。ホームセンター遠いヒトなら苦労したと思う。これだから中華修行は楽しい(検品時のミスかも)。

ボルトさえあれば組み立て簡単! できあがりはこんな感じです。ミニバイクぢゃなくポケットバイクですから。考えてみたら40年前、JAXのポケバイで台湾一周しましたね~。当時、石垣島からフェリーで基隆まで渡れたのだった。台湾の道を走っていても、警察からはな~んも言われませんでしたね。10日間くらい掛かったけど楽しかったっす! こいつにまたがった瞬間、思い出した。

タイヤはオフロードパターン。地方なら自分の庭や畑のグラベルで子供に乗せてやれると思う。家の周りの100mくらいのコースなど楽しいんじゃなかろうか。嬉しいことに安全性を考え、駆動チェーンはフルカバーされている。足や指など巻き込まれる心配無いし、悪路で泥が挟まることも無い。ブレーキは左側に後輪用。このバイクの性能なら十分だと考えます。

最高速はフラットな路面で30km/hというカタログスペック。鉛電池で航続距離13kmとのこと。話を10%割り引いて27km/hの12km。これだけ出れば難の問題も無し。気になったのは「LOW」という表示。そもそも取り使い説明書入っていないため、パワー制限なのかバッテリー残量なのか不明。一番上の「24」という表示の赤灯の意味だって解りませ~ん! なんだこりゃ。

アクセルはバイクと同じくグリップを捻るタイプ。コギングの大きい直流モーターです。エンジン音がしないし、ボディ小さいため社会攻撃性が”ほぼ”無い。これなら幅広いヒトから受け入れられると思う。少なくとも庭で乗っていて近所からクレーム出ることなどないだろう。近々もっと広いところで試乗してみたい。2~3台あれば子供のレースが出来そう。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

Подростковые велосипеды

steroid-pharm.com

ac-sodan.info/kosak/area/ishikawa-html

このページの先頭へ