超驚き! 福井新聞が左足ブレーキ全否定!

AT車のブレーキは右足か左足か? 何度も検討してきたけれど、結論から書けば「右利きか左利きか」という論争になってしまう。福井新聞の記事を見ると、僧衣の運転を否定した福井県警が「絶対しないで」と言ってるらしい。「左利きはやめろ!」という”ワクにハメる”大昔の日本を見るが如し。なるほど右利きのヒトが左手で文字を書いたり箸を持ったりするのは難しい。

されど左利きのヒトなら右手を使う方が不便だ。参考までに書いておくと、私は普段右足でアクセルもブレーキも踏む。でもラリーなど競技になったら左足でブレーキを踏む。なぜか? こらもう簡単。左足ブレーキ派の人達が指摘している通り、アクセルとブレーキの踏み替えにタイムラグ無いからだ。ラリーだとコーナーから加速すべくブレーキ踏みながらアクセル踏むことも。

したがって左足ブレーキに全く違和感無し。じゃどうして普段から左足でブレーキを踏まないかと言えば「右利きだから」と同じなんだと思う。スノーボードに乗る際、普通は左足を前に出す。これ「レギュラー」と呼ぶ。けれど右前が快適なヒトもおり「グーフィー」といいます。どうやって判定するかと言えば、基本は立たせて後ろからド付き、最初に出た足で決めます。

もう一つ。左足ブレーキ否定派のヒトを見てると、どうやらブレーキ踏むときにペダルを床から離しているらしい。教習所などで教えているらしいが、乗用車ってブレーキペダルはカカトを床に付けて操作するようになってます。カカトを床から離してブレーキ踏むと、アップライトに座るトラック運転の名残だ。試しにフェラーリでカカトを床から離してブレーキ踏んでみたらいい。

そもそも疲れて出来ない。正確な踏力のコントロールだって難しい。参考までに書いておくと、床にカカト付けた状態で強く踏むと、途中からカカトが離れる。そうなるように出来ている。教習所で教えてもらうと、根拠の無いことでも正しいと信じてしまう。どこかの国が妄信的に首領サマを支持するのと同じ図式。福井新聞の記事を見ると、意味無く左利きを否定しているのと同じ。

国交省の役人なんか「左足ブレーキ使うとフェードするからやめろ」だって! 教習所の教頭は「踏み加減が調整にしにくい」とコメントしてるけど、これまた右利きに左手で箸を使わせるようなものだからです。唯一アドバイスするとすれば「最初に左足ブレーキを試すときは、周囲の交通が全く無い場所や状況でお願いしたく。交通量多い場所だと急ブレーキになるなど危険だ。

 

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ