被災された皆様にお見舞い申し上げます

10月9日の深夜に台風19号の分析をして10日の朝7時にアップしました。概要は「伊豆半島から房総半島に上陸することはほぼ避けられず、上陸時の気圧は950hPaくらいだと思われます。風は最悪、東京23区も40mくらい吹くかもしれません。東京についちゃ15号以上かと。被災した房総半島だけれど、進路次第でやはり厳しい。真剣な”備え”をした方が良いと思う。

注意したいのが雨だ。土曜日の雨はハンパ無いと予想。100mm以上降る時間帯ありそう。この雨が土曜日の夕方から夜半に掛け、静岡、神奈川、東京の内陸部にやってくる。洪水や浸水を考えておくこと。低い駐車場は危険ですよ。日曜日は起きたら東京以西は晴れ間も出る。鈴鹿のF1、大雨でサーキットが壊れてなければ、午前中に予選やって午後本番となりそう」。

東京近郊の高速道路は全て通行止め

一方、TVなどは千葉の被災を強く意識したのだろう。雨より風に重点を置いた。皆さん60mくらい吹くと繰り返し警告出してました。いかに風が怖いか、という啓蒙ばかり。TVや報道見た皆さんは風への備えをした。確かに台風15号より大きくて強かったけれど、暴風域の広さを考えたら気圧はそんな低くない。広域で風が吹けば、エネルギーは集中しないです。

されど雲の量が凄かった! TVなどで大雨に対する知識を広めて頂きたかった。フネに乗るための天気分析くらいしかやらない私ですら、様々な気象データから風は台風15号と同等で、内陸部の雨が非常に危険だと3日間前のデータから容易に予想出来た。台風19号の脅威を伝えるなら洪水に対する警鐘を強く鳴らすべきだったろう。新幹線まで水に浸かってしまいました。

首都高も真っ黒の全滅。こんなの初めて見た

酷いね! と思ったのは台風による大雨が降っている土曜日の夕方になり続々と避難勧告を出したこと。下を見て500万人に避難勧告が出した。足立区全域! 葛飾区46万人。江戸川区43万人! どこにどんな移動手段で避難すればいいのやら。ちなみに東京都はゼロメーター地帯で都市水害出ると判断して足立区や葛飾区、江戸川区に避難勧告を出したのだろうけれど‥‥。

東京は耐えましたね! 山の手の暴れ川と言われてきた石神井川や善福寺川、神田川など氾濫なかった。地下巨大プールや放水路などが受け止めたのだろう。海面下にあるゼロメートル地帯は、(本来ならマイナス地帯です)降った雨水を全てポンプで排水しなければならないのだけれど、間に合った。我が国の政府も、ムダな箱物や道路作るなら治水をキッチリやったらいい。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ