茨城県の暴力X5、BMWのディーラー試乗車でした!

茨城県で無謀危険運転の末、後続車のドライバーを殴った凶暴な輩が乗っていたのは横浜にあるBMWのディーラー試乗車だった。BMW、こういった輩に試乗車を長期貸与していたということです。今や輸入車ディーラーも社会的に問題のある勢力と付き合わないというのが常識かと思っていたけれど、BMWって未だにそんなことしていたことに驚く!

ディーラーもアウトだ! もちろん名前も全て解っているハズ。警察だってこれだけ大きな社会問題となれば看過出来まい。逮捕は時間の問題だ。気になるのが罪状。単なる暴行傷害じゃ全く納得いかない。蛇行し前を塞いで止めるなど、手口は東名の殺人事件と同じ。高速道路の本線上でクルマを停止させるのは殺人未遂に等しい。執行猶予が付いたら警察にとっちゃ大失態です。

無謀運転、警察が熱心に取り締まらないものだから、上にリンクした『私刑』のサイトまで立ち上がっている。何の制約もないし、規約ないため本当の情報かどうか不明。動画ないと状況だって判らないです。イヤがらせの投稿や、あおらせ屋(ワザとチンタラ走ってあおり行為をさせる)などの温床になり兼ねない。警察が私刑を認めるというなら、それも時代か?

いずれにしろ警察は本当の意味での危険行為に対し甘すぎる! 本日も一時停止で完全に停止したとか少し動いていたなどモメてる場面に遭遇。つまらない違反だって容赦なく切符切るのに、命に関わる危険運転したって説諭くらいで済ますケースもあるほど。このあたりが交通警察の決定的にダメなブブンです。池袋で親子を轢いた官僚だって全く逮捕する気無し!

 

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ