ホンダF1優勝、どのくらい報道されるか楽しみです!(30日)

ホンダがレッドブルのホームコースであるオーストリアで第4期初優勝した! レース展開も「素晴らしい」という言うしかありません! スタートに失敗して7番手まで落ちたフェルスタッペンながら、そこからの追い上げときたら最近のF1じゃめったに見られないくらい凄かった! 特にハードに履き替え4位でコースインした後の走り、今まで悩まされていたタイヤがウソのよう。

フェラーリのベッテルをブチ抜き、メルセデスのボッタスすらやっつける! 今シーズンのレッドブル、ソフトタイヤとの相性が悪かったけれど、ハードタイヤは良かったらしい。ボッタスを抜いたイキオイでトップを走っていたフェラーリのルクレールを追いかけ始めたと思いきや、あっという間に追いつく! 今シーズンの苦戦がウソのように速いのだった!

しかし! ルクレールも簡単に抜かさせない。1ラップあたり1秒近く遅いのにラインを潰していく。こらもう無理してでも抜くしか無いっしょ(実際ゴール後に審議対象になった)。「幸運に恵まれた」とか「上位陣が脱落した」という優勝じゃなく、モンク無し! いやいや久し振りに超気持ち良いF1でございますね! エイドリアン・ニューウェイも少しだけ納得したと思う。

とは言えトロロッソの厳しい戦いが気になります。ホンダとしてはレッドブルについちゃシャシとの総合性能で勝てると考えていたと思う。トロロッソを上位で戦わせることこそホンダの矜恃である。といった点からすれば2台のトロロッソがマクラーレンとルノーにやっつけれたのは超悔しいところ。パワー勝負となるイギリスとドイツの2連戦でどう戦うのか楽しみです。

崖っぷちに立たされたのはガスリー。マクラーレン・ルノーにヤラれたの、決定的だと思う。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ