個人間カーシェアでクルマを盗まれる事件発生。そんなこと出来るの?

2019年4月、米国のシカゴでメルセデス・ベンツやBMWなどのカーシェア車両が100台以上盗まれました。手口はハッキングです。これは、カーシェアとして車両を借りたときに情報を盗み、何食わぬ顔してエンジン掛けて乗り逃げるという手口です。日本でもカーシェア車両の盗難事件が起きているというウワサはあったものの、いままで認知された本格的な盗難は私が知る限り1件のみでした。

「本格的な盗難」とは、名義変更まで含むケースです。カーシェア車両を借りたまま返却しないという事案であれば、レンタカーでも多数発生しています。ただ名義変更までおこなうとなれば、書類(印鑑証明)が必要になります。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ