今回の東京モーターショーは新しいカタチのイベントになりそうな気配が濃くなってきた~

「外国勢の出展がメルセデスとルノーしかない」とか「オリンピックの準備のため会場が2つになってしまった上、1.5kmも離れている」など悪いニュースばかり目にする東京モーターショーだけれど、私は入場者数減少が続いていた今までの流れをハッキリ変えると予想している。そればかりか、会期終盤など大いに賑わうと考えます。

なぜか? 残念ながら今までの東京モーターショーを見ると関係者の熱意を全く感じなかった。自動車メーカーがクルマを並べ、主催団体である自工会は淡々と準備&運営をするのみ。入場者に楽しんでもらおうという”仕組み”など皆無。この状況、自動車先進国のアメリカ、ドイツ、フランスも同じ。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ