次期型MIRAIを見てトヨタの変革の本気度を感じる。ライバルの皆さん大丈夫か?

豊田章男さんが「もっといいくるまを作ろう」と言い始めた2013年から、トヨタは変わり始めていた。いや「変わり始めた」というより「前に走り始めた」と言い換えた方がいいだろう。例えば技術や方向性で二者択一になった際「コストよりよいクルマ」を優先したり、努力でよいクルマになるなら積極的にトライしていこう、という方向性になっていく。

来年後半にデビューすると言われている次期型MIRAIを見てびっくりした! 少数販売&ECOカーとは思えない。Cピラーや全体のシルエットからすればクラウンと同じプラットフォームと推測されるけれど、アストンマーティン風のクーペルック。カッコ良い! 2タイヤなんか20インチ! フロントを少し加飾してGTウイングなんか付けちゃったら、もう私のツボでございます! 

MIRAIに限らず「が世の中に出始めてきた。第一弾はRAV4だと私は思っている。凝った4WDシステムや、普通に走って20km/Lという燃費のハイブリッド(それでいてアクセル踏むと速い!)はレクサスを含む同じクラスのライバルの相手にしない性能を持つ。さらに価格競争力まであります。

カローラセダン&ツーリングにも驚かされた。リアシートの居住性を除けば素晴らしい仕上がりだ。この調子で次期型ヴィッツ(いや日本もヤリスになる)まで良いクルマなら、流れに乗ったと考えていいだろう。同業の皆さんのように全てのクルマを褒めるスタイルなら問題無いけれど、私みたいなタイプだとトヨタばかり評価するような状況になってしまいそうな雰囲気。

数年前から「トヨタは全力疾走を始めた」と他のメーカーにも言ってきた。しかし他メーカーを見ると、チーフエンジニアの人格に問題あって社内で足の引っ張り合いをしながら開発していたり、旧日本軍のような体制だったりと、上手く行ってないように思う。社内から出てくる不満を聞いていると、とうて適正な人事とは思えない。作られたクルマを見てもバランス良くないです。

RAV4のライバルを見れば解るとおり「猛烈に高い」とか「燃費全くお話にならん」ですから。クルマ好きの私からすれば、他メーカーも可及的速やかに変革を始めて欲しいと考えてます。ちなみにトヨタの面白さはライバルを切った刀でそのままレクサスまで切ってること(笑)。開発予算やコスト的に有利なレクサスよりトヨタの方がずっといいクルマばかりです。

トヨタ、20年後に水素関係の技術でノーベル賞を取る人が出てくるかもしれません。燃料電池関連の開発チーム、何と2000人居るそうな!

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ