スバル、創業100年やスバル360還暦のイベントをやりませんでしたね~

自動車ギョウカイと言えば一昔前までお祭り大好きのヒトが山ほどいた。そういった先輩達をたくさん見て来たので私は、ナニかやらなくちゃダメだといつも考えてます。されど最近お祭りをしようとすれば「どうしてそんなことするの?」とか「費用対効果はあるのか?」になってしまう。そういえばスバル、昨年は創業100周年。スバル360が還暦だったのに何もしなかった。

お誕生日やアニバーサリーのお祭りまでしなくなったんだから深刻です。こう書くと「昨年はいろいろあったから」と言われるかもしれないが、宣伝とかしなくたっていいと思う。お金を掛けずいろんなことやればいい。スバル360でグレートレースに出たの、私なりのお祝いです。このクルマ、日本に戻ってきた後、ずっとガレージでお休み中です。もったいない。

お祭りってどんな意味を持つのか、グレートレース中、クリッカーの小林編集長が書いてくれています。改めて読んでみたら写真も素晴らしい! 自動車評論家の国沢光宏さんがスバル360で、アメリカを縦断するグレートレースに出場すると聞き、「なんてバカなことを!それはオモシロい!!」と

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ