アメリカ、中国でホンキで殴り合いを始めちゃいましたね! 日本はどうなる?

アメリカと中国が殴り合いを始めちゃいましたね~。アメリカ、10日から25%という高額の関税を幅広く掛けると言う。当然ながら中国だって報復的な関税を掛けてくることだろう。ちなみに中国は昨年7月からアメリカから輸入される自動車関税を25%から15%に下げたばかり。それが上がるとなれば、アメリカで生産したモデルを中国に輸出してるメーカーは軒並み厳しい。

具体的に挙げると、BMWやベンツのSUVやテスラなど。アメリカだって無傷じゃ済まないかも。アメリカで生産してるGMなどの車種には中国製の電子部品などが使われている。日本の自動車メーカーも窓ガラスなどに中国製部品を使い始めているけれど、まだ少ない。アメリカは広範の部品を調達しているようだから、長い期間関税を掛けられるようだと調達先を変えなくちゃダメ。

解りやすいのがアイフォーン。現在のコストは販売価格の3分の1程度と言われている。これをアメリカで生産するとなれば(今まで通り部品は中国や日本から調達)、10%くらいのコストアップになるそうな。それでも25%の関税を負担するより安くなる。アメリカ国民は10%高いアイフォーンを買わなければならないかわり、アメリカ人の仕事を増やせ、技術も盗まれない。

とはいえ関税を掛けるのが短い期間(中国はアメリカの軍門に降る、ということ)なら大きな問題無し。一時的にモノの流れを細くするだけだと思う。されど長引くなら工場の移転といった大きな投資が必要になってくる。困るのは製造業です。トランプさんの機嫌で工場をアッチやコッチに持って行くなんてコスト的に出来ませんから。トランプさん辞めたら変わるかもしれないし。

我が国はどうか? 直接的な影響についちゃほとんど無いと思う。そもそも日本は中国からの輸入品に対する関税の値上げなど行う意思などなく、さらに日本から中国に輸出している自動車はすでに高い関税を掛けられており、増税などありえない。中国に輸出している製品や部品、素材といえば、中国が必要としてるものなので関税を掛けてくる可能性低い。上手く行ってるのだ。

問題はトランプさんが「日本もオレ達と同じことをやれ!」となった時です。当面、右往左往してどうなるか全く解らない状況になるということだけは間違いなし。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

www.ry-diplomer.com

www.plasticsurgery.com.ua/ru/operaczii/telo/liposakcziya/

profshina.kiev.ua

このページの先頭へ